本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

愛の故郷・薬師山~絵画教室~

2020-09-23
先日、絵画教室を行いました色とりどりのきらきら
今回は『桔梗』を描いていただきました音符
桔梗といえば・・・
先日書道教室で紹介しました、秋の七草のひとつで古くから日本人に愛されてきた花です色とりどりのきらきら
皆様、きれいな色で塗ってくださいました目がハートになっている顔
おひとりおひとり微妙な色の違いがあり、とても素敵な絵が完成しました色とりどりのきらきら
『秋らしくて素敵ね2つのハート』という声が聴こえてきました色とりどりのきらきら
 

【郁徳苑】敬老の日~上牧町最高齢お祝い~

2020-09-21
上牧町より上牧町最高齢の山田清子様(106歳)に花束と果物が贈呈されましたお祝いマーク
これからも、お元気に過ごして頂けるよう
職員一同、お祈り致します点滅している星
 

愛の故郷・薬師山~書道教室~

2020-09-17
先日、9月の書道教室を行いました色とりどりのきらきら
今回は『秋の七草』と『晴雲秋月』ですイチョウ
 
『秋の七草』
春の七草は皆様よくご存知と思います点滅している電球
今回秋にも七草があると初めて知ったという方もおられました点滅している星
秋の七草は鑑賞して楽しむ植物だそうです口を広げてにっこりした顔
萩、桔梗、尾花、撫子、女郎花(おみなえし)、葛、藤袴(ふじばかま)。
万葉の歌人、山上憶良が二首の歌に詠んで以来、日本の秋を代表する草花として親しまれるようになったそうです色とりどりのきらきら
 
『晴雲秋月』せいうんしゅうげつ
汚れなく澄み切った心ののたとえ。
晴れた空に浮かぶ雲、秋の空に冴えわたる月のこと月
 
楷書よりも行書の方が書きやすいという方が多かったようで
行書の手本の『晴雲秋月』ですが
最初は「こんな難しいの書けないわ!!汗」とおしゃっていましたが、
いざ書いてみるとすらすらと書いていらっしゃいましたいいね(手の指正面)色とりどりのきらきら
今回の一番の難所は秋の七草の・・・ “の” でした
ひらがなって難しいですよね・・・
  
今回もたくさんの方に参加していただきました目がハートになっている顔色とりどりのきらきら
ありがとうございました2つのハート
 
 
 

【郁愛苑】 重陽

2020-09-09
ひと雨ごとに、少しずつ秋を感じる季節となりました紅葉
 
本日、9月9日は、『重陽』のお節句です。
 
重陽の節句は、一番大きな陽の数字が重なる事から
古来より、大変おめでたい日とされ、邪気を払い、長寿を願い
菊の花を愛でて、お祝いされた節句だそうです。
菊の花は、無病息災、不老長寿の効用があると信じられ、
別名、菊の節句とも言われるそうです。
 
ーブルに菊の花を飾り、皆さまには、栗ご飯、菊の花の和え物、菊の和菓子を
召し上がっていただきましたお祝いマーク
 
 
 
 
 
 
 

【郁愛苑】 ダルゴナコーヒー

2020-09-06
スタッフ(20代リボン)が、利用者さまに、
『ダルゴナコーヒー』を作ってくれましたスプーンとフォークとナイフ
ダルゴナコーヒーとは・・
牛乳の上にふわふわに泡立てたコーヒーがのった韓国発祥のドリンクです。
いつもと違うふわふわのコーヒー、皆さまに、気に入っていただけました。
甘くて、おいしかったですねNEW(赤)
ちなみに・・
ダルゴナコーヒーの知名度は、50代(ゼロ)歌っている顔男性職員(ゼロ)でした寝顔歌っている顔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人 郁慈会
〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町
上牧4244番地
TEL:0745-76-7888
FAX:0745-76-5555

社会福祉事業

 
0
6
4
5
7
8
TOPへ戻る