本文へ移動

ブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

愛の故郷・薬師山~書道教室~

2020-02-17
先日、書道教室を行いました色とりどりのきらきら
今回は『小草生月』『下萌』です四葉のクローバー
   
小草生月(おくさおいつき)
春を待って小さな草花があちらこちらから芽を出してくる月。
二月の異名。
 
下萌(したもえ)
早春、大地から草の芽がもえ出ること。
 
どちらもよく似た意味ですねいちご
立春が過ぎ、暦の上では春です桜
そんな春にピッタリな言葉です色とりどりのきらきら
 
小草生月は簡単そうに見えて・・・
とても難しかったという方が多かったです驚いた顔
皆様、絶妙なバランスでとても上手に書いていらっしゃいますいいね(手のひらが手前)色とりどりのきらきら
 
今回、薬師山の方がたくさん参加してくださいました点滅している星
皆様毎月楽しみにしてくださって、本当に嬉しいです目がハートになっている顔2つのハート
ありがとうございましたきらきらしたハート

【郁愛苑】 社内研修 施設でのエンゼルケア

2020-02-15
看取り委員会より、施設でのエンゼルケアについての研修会を行いました。
 
エンゼルメイク、身体清拭、洗髪などを学びました。四葉のクローバー
 

【郁愛苑】 初午

2020-02-09
本日は、《初午/はつうま》の日です。
 
初午とは、2月の最初の午の日を指し、稲荷神のお祭りが行われる日です。
稲がなることを意味する《いなり》から五穀豊穣や家内安全を祈願して
各地の稲荷神社でお祭りが行われてきたそうです。
 
昼食は、めずらしい行事食を皆さまでいただきましたスプーンとフォークとナイフ
 
今年も、安全にお過ごしいただけますように梅
 

~鬼は外、福は内~(て言うか何鬼…?) 【薬師山】

2020-02-03
今年の冬は本当に暖冬ですね…寒いのは寒いですけど…そこまで…て感じですね☆さて、ケアハウス薬師山では本日❝節分❞を迎えたわけですが、今年も昼食は郁慈会特製の巻きずし、鰯の塩焼き(まるまる一匹!!)を入居者様といただき(またしても、相談員…一緒に頂きました…笑)そして、そして今年も見事に❝鬼❞がやってきたわけですが…職員のKさんも鬼を見るなり『えっ…何鬼になんの?』と唖然としていました(しかも中年太り気味…)昼食時に入居者様に『今年は赤鬼か青鬼どっちでしょうね~』と話していたみたいなので鬼が登場した時に入居者様も『なんやこの鬼…ピンク?…え…女子?』としばらく何とも言えない❝間❞が生じていました(笑)でもすかさず入居者様が、『鬼は~外!!』と特製の豆を鬼に向かってなげておられ、参加された入居者様全員がしっかりと鬼に豆をぶつけることができ、『無病息災!!』と大きな掛け声と拍手で無事終了できました3つのびっくりマーク(吹き出し)最後は鬼と仲良しでパシャリ☆
 

愛の故郷・薬師山~カレンダー作り~

2020-01-26
先日、2月のカレンダー作りを行いました色とりどりのきらきら
今年も2月の定番『節分』のカレンダーにしました赤鬼
今回は赤鬼とお多福です赤鬼
  
なぜ鬼には角があってトラ柄のパンツを履いているのか???
鬼の話を薬師山の相談員さんがしてくださり、わたくしも教えていただきました口を広げてにっこりした顔色とりどりのきらきら
日本の鬼は、風水などでよく言われる『鬼門』に由来するそうです点滅している星
鬼門=北東が干支の丑と虎の間の方角となるそうです点滅している電球
頭が牛で下が虎3つのびっくりマーク(吹き出し)牛の角に虎柄のパンツ3つのびっくりマーク(吹き出し)ということだそうです赤鬼点滅している電球
そんな話をしながら楽しく作っていました色とりどりのきらきら  
   
「いつもカレンダー作りを楽しみにしている3つの音符
「来月はどんなカレンダーを作ってくれるのか毎回楽しみにしている3つの音符
など、とても嬉しい声をいただきます目がハートになっている顔
本当に嬉しいことです2つのハート
来月はどんなカレンダーができるか、皆様、お楽しみにきらきらしたハート
 
 

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人 郁慈会
〒639-0214
奈良県北葛城郡上牧町
上牧4244番地
TEL:0745-76-7888
FAX:0745-76-5555

社会福祉事業

 
0
5
4
3
5
3
TOPへ戻る